読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殿、利息でござる観た

ジャニーズWEST

シゲ目当てで、映画館へ(笑)

事前に検索掛けたがさすがにまだネタバレはない。

フライヤー見た時から不思議だったんだけど、他の若手の俳優さんでもしっかり役付いて扱い大きいのに、シゲは写真さえ載ってない。

なんで〜?

小さい役なの?でも主人公の息子だよな?

2,3回しか出ないのはネット見て確認。でも良い映画みたい。

 

観た。

ほんと出番は少ない。

3回だ。

 

観客は年配のご夫婦もいたり、結構幅広い。でもってそこそこ入ってた。

時々すすり泣く音が。

うん涙腺弱いと泣けるw

で、シゲの3回目の登場シーンで思わず泣いてた。

なんでかな?シゲだから?いや多分脚本だろうが。

でもそんな役がやれて良かった。出番は少ないが、最後の最後に…。

 

エンドロール見る。後ろの方の大ベテランの俳優さんの手前に、羽生結弦と一緒に重岡大毅ジャニーズWEST)の名前。

羽生結弦はほんとオイシイ役。でも彼に東北舞台の映画に出て貰うというのは、それなりに思いがあるんだろう。

そんな彼と同じようにオイシイ役だ。

ジャニーズだから捩じ込まれたのか?出番少ないけど番宣もやってた。集客?

でもね。

良い作品だったよ。

観て欲しい。

ただただ良い人かと違和感持ったサダヲちゃんが、彼には彼の理由があったと納得した。山崎努がいい。

そんな作品で、しっかりと存在感を残せていたシゲ。良かったね。良い作品だ。

シゲの演技云々ではなく、脚本がいいんだと思う。

地方の周年記念的なクレジットもあった。

どうかヒットしますように。

あの息子良かったね。その後どうなったんだろうね?と、そんな思い抱いて映画館出る人が少しでも多くいますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、感想書き足らないからここに。

ネタバレあるんで、ご注意を。

 

 

 

 

 

 



息子役のシゲ。
ちゃんと台詞付いて演じているのは最初のシーンのみ。
無私な父親に理解できないと反発する。そりゃそうだろ。でもってそういう父親には観客としてもイマイチ共感できない。
その行動原理が、父から捨てられたという思いと弟への嫉妬というならまだ納得できる。
でも息子はそれも知らない。
ただ祖父の思いは知ったのだろう。そしてその教えを幼い頃からずっと聞いていた父親。その父の祖父と叔父へのわだかまりが解けて、必死で動いている父を見た時…彼にも祖父の、父の思いは伝わったんだろう。
2つ目のシーンは脇に連なっているだけ。随分手荒く扱われている。
3つ目のシーンは予想外。
もうシゲのことは忘れてたw
え…。
ただただ無言で息子を演じるシゲ。そこにシゲのナレーションが被る。静かに淡々と。しかし、底には熱がある。
あの父の息子であることへの誇り…とでもいうか。

最後にセットの昔の商店の映像に、今の店舗の映像が被る。
続く現代の街並みとそこで生きる人々。
ここまで、ずっと繋がって来たんだなと感じる。きっとシゲの演じた息子もその中の一人。
そして、そんな人々を街並みを歴史をじっと眺めている祖父の山崎努
じっと店の家屋の2階から眺めている。そこから始まり、そこで終わるドラマ。

あそこでシゲのあのシーンが入ることによって、
「自分の代で無理なら、その子の代。それでも無理ならまたその子へ」
と言った祖父の思いを体現している。
出番は少ないが、いい役だ。最後のあのシーンをきっちり演じられなければならない。

そして。
映画として、大変良い作品です。

是非見てやってください。