読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We are KinKi Kids Live Tour 2016 TSUYOSHI &KOICHI 10/30 @広島グリーンアリーナ

KinKi

KinKi Kidsアリーナツアー行ってきました。
10月30日in広島グリーンアリーナ。お初で自分的オーラスですw
いつも結構細かい覚え書き書いてたけど、もういいかと今回はざっくりです(笑)


グリアリは初めて。
今回は姉妹とドライブがてら車で広島へ。出発直前に開演が6時じゃなく5時と判明。うげげw
金光から笠岡抜けるまでめっちゃ渋滞。何故じゃw1時間のロス。
そこからは結構速かったけど結局往路は4時間半、復路は3時間ちょいでした。大阪往復よりおもんない(笑)距離的には150kmと180kmで広島が近いんだが。
会場着いたのは4:35(笑)
周辺結構混んでて歩く人も多い。何事?いつもこんなん?
妹「野球があるんちゃうん?」
そうだっけ?
姉「日本ハムちゃうん?」
全然分からないw

f:id:shin51244:20161104215707j:plain

f:id:shin51244:20161104215841j:plain

グッズはパンフだけでいいや。え?売り場地下なの?筋力が弱くてステッキ突いてるから移動に結構時間かかる。てこてこwで席はスタンドだったのでまた戻る。
会場入って。げwか…階段が…段差がきついしおまけに手摺に手が届かない。
えーんw上がれないじゃんかよー。
係員さんに事情を話すと、担当部署に確認取って車椅子席にパイプ椅子持ってきてくれた。
すみません。忙しいのにお手間取らせちゃって。
先にもう一人いたが、その方も階段上がれず車椅子席だったw
城ホや京セラは普通に行けるのにな~^_^;
座ったら定刻でコール始まる。
焦って手持ちのKコンペンラ出したら、落下して接続部が破損。うわ(;_;
グッズ買う時間がないかもと姉がそこらへん探して見つけてくれたペンラ。予備にとあと1本Jコンペンラ持たせてくれてた。仕方ない。これ使うか。
て、子供かw私はwww
Jコンペンラってのがなんとなく気が引けるw

お隣さんと少し喋る。
「LF読みました?」
と尋ねられる。読んでないや。
「昨日膝の調子悪くて躓いたそうなんです」
そうなのか~。大丈夫かな?

 

セトリは拾い物。


【セトリ】
Kissからはじまるミステリー
愛されるより愛されたい
情熱
僕の背中には羽がある
愛のかたまり
モノクロームドリーム
naked mind
Summer
雨音のボレロ
陽炎~kagiroi~
MC①
ホタル
MC②
Danger zone(ソロ)
Interactional(ソロ)
Slave Maker(ソロ)
街(ソロ)
セッション(ソロ)
ホンマにたよりにしてまっせ(ソロ)
CCK(ソロ)
薔薇と太陽
Unlock Baby
Plugin Love
Fall Dance
スワンソング
雨のメロディ
ひとひら
カナシミブルー
Misty
Time
やめないで、PURE
Anniversary
ジェットスターロマンス
硝子の少年

アンコール
道は手ずから夢の花(新曲)
夜を止めてくれ
なんねんたっても

 


グリアリって狭いね。キャパ1万?1,2万?大阪捨ててこっち申し込んだw
メインステージは上からホリゾント的な幕が降りている。
斜めの席だからバックの楽器が見える。
コールがちょい前から始まる。
スクリーンに赤と青で小さな無数のKが。

 Kissからはじまるミステリー
イントロでおおー!と声が上がる。

 愛されるより愛されたい
 情熱
 僕の背中には羽がある
 愛のかたまり
この辺までは怒涛のように畳み掛ける感。ダンスめっちゃ見てた。つよっさんちょいジャージーだけどちゃんと踊ってる。

 モノクロームドリーム
 naked mind
どんちゃんの楽曲そんなに好きでもなかったけど、ライブで聴いたらなんか良かった。

 Summer
 雨音のボレロ
 陽炎~kagiroi~
陽炎めっっちゃ好き。楽曲が。透明感ある。なんだろうな~。まじ泣けそうだった。詞以外で楽曲だけで伝わるものがあるんだな。

MC①
光「こんにちは堂本です」
剛「堂本です」
みたいな始まりw
そりゃふたりとも堂本だけどさw

光「昨日はカープ惜しかったよね。昨日勝てば今日も試合できたんでしょ。仕事がらすぐそっち考えちゃう。スタッフが今日の押さえてた球場の費用とか経済波及効果とかすぐ計算してた」
チャリーンチャリーンと言いつつ、頭のとこで人差し指をぐるぐる回してお金の計算してるゼスチャー。
剛「ww」
そっか。カープ負けたのか~。

光「今日はハローウィンですよね」
客席「えーw」明日だw
光「明日?でももう渋谷とかやってそう(笑)今日コスプレで来た人?スタッフさん客席の照明付けて。俺らのピン落として」
客席明るくなる。
光「少ないね~。あぁそうか、皆おばさんのコスプレしてるんだw」
ひでぇw相変わらずな通常運転の光一氏w
つよっさん苦笑w
何人か立ってカメラに抜かれ、モニターに映る。
その中に白塗りの洋装の女性が。
光「それ何のコスプレ?別に何もないの?」
何のキャラか分からない。ずっとモニターに映し出されている女性。それ見て、
光「1万人に晒し者www」
ほんっと光一氏酷いwww

光「久々に年齢アンケートしましょうか」
客「えー!」嫌そうw
でも無視して始める。
光「10代の人」
客「はーい」
光「すくなっw」
まじ少ないw
光「20代の人」
客「はーい!」意外と多いw元気いい。
30代も多い。40、50代普通に居る。
60代も。
光「おおっ。70代の人」
いた(笑)
光「80代の人」
いた。周りのお客さん拍手。
90代はさすがにいなかった。
光「90代の方は病院だよね」
もうほんとに光一氏w

光「昨日食事に行って。個室だったんですが、すぐ近くに居るぐらい声の大きい他の部屋のお客さんがいて。で俺らの方で昨日のゲームが気になってモバイルで野球見てたスタッフいたんですが、あのアウトになった瞬間、声の大きいお客さんがシーンとして(笑)ずっと野球の応援してたんだね~。その後もずっと静かだった」
光「今日もユニフォーム姿の人とかいるの?」
赤いTシャツの人が何人かグループで。
剛「こんなに野球の話してるけど、じつはそんなに野球興味ないというね(笑)」
光「俺はジャイアンツファンだもんw」

光「今回のアルバムは堂島君が参加してくれてます。堂島君から一言どうぞ」
一段高いバンドさんのいるとこの下手側にいるどんちゃん
どんちゃんに話振っては、話し始めるとそれ遮るというのをふたりで楽しそうに何回かやってた。

あとなんかよく分からない外国語風の会話をするつよっさんw

光「さて歌いきましょうか」
客「えー」
光「今日はケツカッチン(だっけ?)やから」
多分広島最終だから撤収の為に終わりの時間が決まっているという意味だと思う。

途中で五木ひろしになる光一氏。
緩くリズム取りながら顔芸w
でも、
光「ホタルは真面目に歌いますよ。函館の時みたいにオタルなんて替歌なんかしませんよ。何故かというとイエモンさんのスタッフさんが今日は来てるからw」

ギター用意してなんのかんの言いながら結構喋ってて、
剛「1分経過ってモニターに出てるw」
と始める。

 ホタル
つよっさんがエレキで光一氏がアコギ。この楽曲も大好きだ。
ふたりで歌うことで作り上げられる楽曲の世界観。
アコギは以前は音があんまり聞こえなくてふたりが演奏するのには物足りないと思ってた。もっと目立つ音の楽器すりゃいいのにと。
でもあるとないとじゃ大違い。演奏に厚みが出る。それに光一氏がメロディーじゃなくてリズムの演奏が好きと言ってた。バンドでは派手にフロント立つんじゃなくて、皆と一緒になって音を刻む。それが好きと。
だからアコギの音を追う。

そして途中で光一氏が五木ひろしやってて、お客さんざわつくwww

MC②
セトリやレポは殆ど見てなかったから、ここでまた喋るとは知らなかったw
剛「お前な~w」
光「つい五木出ちゃうのよwでも歌は真面目に歌ったよ」
お客さんパチパチ。

光「このツアーのタイトルどうする?という話をしてて」
ソロの活動もあってのKinKi Kidsだからとジャニーさんに言われ、今回はお互いのソロコーナーも。
光「それぞれのソロには行ってないわという人に、ソロではこんなんやってるんだ~と知って貰えたら」
普段のソロとはバンメンさん違うから音も違うとは思うけど、と。
そっか…。そうだよね。DFBだもんね。言われてみれば。
光「じゃ衣装着替えてきます」
とソロコーナー準備に捌ける光一氏。
なんかつよっさん喋ってたが忘れたw

光一氏危険地帯の衣装で登場。

 Danger zone(ソロ)
KinKi Kidsでソロって久々。KinKi Kidsのステージでソロ曲歌ってる光一氏に違和感ある(笑)格好いいけどw
 Interactional(ソロ)
黒いハットとジャケットでシックに。ダンス雰囲気いいよね~。MVと比べたら世界観にあったダンスに確実に変化している。
しっかし上半身逞しいな~。でもって下半身も安定してる。腰が決まってるというか。翼のダンス思い出したわw彼の下半身の安定すごい。

 Slave Maker(ソロ)
この楽曲も好きだから嬉しい。ソロコーナーってもっと違和感あるかと思ったが、そこまででもなかった。
最後の方で、上の段につよっさんがギター弾きながら出てくる。

 街(ソロ)
そしてつよっさんのソロ。
これ聴くのカバ以来だわ。いいよね~。

 セッション(ソロ)
つよっさんの指示で次々ソロ演奏するバンドメンバーがほんとに楽しそう。こういうとこが演奏してて楽しいんだろうな。つよっさんとバンマスの建さんが皆に指示出しつつ進む。
皆が音楽を楽しんでる感がいい。

 ホンマにたよりにしてまっせ(ソロ)
何の曲?と思ったらこれだったw
途中つよっさんエフェクター操作しつつ。ボコーダーだっけ?あれ相当かけてたな。

 CCK(ソロ)
あの指で合図しつつその回数を跳ぶのめっちゃおもろかった。テンション上がる。といっても車椅子席なので着席なんだけどw
どこだっけ?光一氏がPボーン持って来て、トロンボーンさんのとこで対抗して吹いたのは。
剛「クオリティ上がってるやん(笑)」
側に行った時は「お疲れ様~」と小声で言いつつ通って行った光一氏。
つよっさんが、楽しそうな光一氏を見て楽しそうだった(笑)
バンドのメンバー皆が参加しているセッションだから光一氏も加わりたかったんだろうな~。


ところでソロコーナーのトイレ話聞いてたからどうなんだろ?と思ってた。
まずペンラの色。
それぞれのソロコーナーでは会場がその色一色になる。私みたいに全然違う色のペンラの人は除いて、たまにポツポツと絶対色を変えない人がいるw
最初は赤い海にポツポツ青いペンラ。
次は青い海にポツポツ赤いペンラ。
ポツポツ赤いペンラが多いかと思いきや…ポツポツ青いペンラの方が実際は多かったw意外でした(笑)ポツポツ赤いペンラはめっちゃ少なかった。
協調性ある(笑)

トイレはごっそり抜けはしない。
セッション始まるとポロポロ抜ける人いる。でもこれは単に生理現象だろうな~(笑)アンチっぽい感じではなかった。KinKiファンでもセッション長いって言ってる人いたし。
これってトイレでも音は聴こえる?なら我慢できない場合は音だけ聴いても結構楽しいかも。
総じて会場行く前のnetの話は余りあてにならないと、ホッとした(笑)多分自分の見えるところで起こったミニマムな出来事が大きく伝わるんだろうなと思った。


 薔薇と太陽
いつものように上と下で。ナチュラルにリズム取ってる光一氏。

 Unlock Baby
 Plugin Love
これNアルで一番好きな楽曲だから、生で聴けて嬉しい。

 Fall Dance
 スワンソング
この辺だっけ?衣装が白のジャケットになったのは。
つよっさんのつば広のハットが優美だ。衣装と相まって、避暑地のマダムのような(笑)
つよっさんが本当に綺麗っす。

 雨のメロディ
 涙ひとひら
これ生で初めて聴くのかな?緊急では歌ってた?大好き。

 カナシミブルー
 Misty
 Time
TimeだTimeだw

 やめないで、PURE
 Anniversary
 ジェットスターロマンス
 硝子の少年
これセトリってなんかの順?レポ覗いてないからさっぱりだw
光一氏以前はTVの音楽番組で音がよくモゲてたから、そのフレーズになると心配で身構えるが、ちゃんと音出てる(笑)
あの舞台用のボイトレが利いているのか。


どっかで銀テ飛んだよね。すぐ下が通路だから見てたけど、ふたり歌ってるのに、通路まで出て必死でテープ漁ってるの見事におばさんばっかでwwwそこまでして欲しいのかな。山のように抱えてた人いた。どうするんだ、あれw
「綺麗だね~」とアリーナに舞い落ちるテープ見てたら、後で係員の方がテープ下さった。びっくり。ありがとうございます( ´∀`)

挨拶して引っ込むが結構すぐ出てくるふたりw

アンコール
 道は手ずから夢の花(新曲)
これも聴いてると泣けそうになる。言葉とメロディが綺麗。

 夜を止めてくれ
 なんねんたっても
スタトロはこの2曲だっけ?
コンサート始まる前に隣の人が、
「後ろの通路トロッコ通るよね」
と。
あ…wそういやそうだったw
え…ひょっとしてこの席めっちゃ近い?うわ…(・・;
で、すっかり忘れてたらw来た!
最初つよっさん。でスタンドの真後ろでトロッコ繋げて場所移動。今度は光一氏がこっちへ来る。
ふたりともめっちゃ近かったけど、一瞬で通り過ぎて夢のようだったわ。
Shipで目の前をお練りしてたつよっさんに固まった記憶はあるが、今回はトロッコの上で距離あるし、一応Jコンペンラ振ってアピールしてみる(笑)車椅子席で座ってたから一応こっちは見てたけどw
『見てないしw』だろうな~(笑)
つよっさんの方がまだこっち見てくれていた。目が合った気がするのはきっと気のせい(笑)これがジャニーズファンがファンサ求める心境かw
でもふたり近くで見られて嬉しかったです。


ばいばいとかわゆく捌けるつよっさん。

女性の声で終了のアナウンス。
8時前かな?
ざくざく捌けるw
でもコールしてる人もいる。
アリーナで幾つかのグループが大きな仕草で拍手の先導してくれてる。
コールを最後までして皆で終わりの拍手したくて、ずっと拍手する。
コールは周りに居なくて声出す勇気なくてすみませんw
お隣の方、きょとんとしつつ一緒に。
暫くしてアリーナから声が上がり、一際大きな拍手で終わる。
ありがとうと言ってたのかな?
声に出せなかったが、拍手で伝えたつもり。


ありがとう、ふたり。
ありがとう、DFB。
素敵な時間と空間をありがとう。

楽しかったー!

 

12時頃帰り着き、パンフ見る。
わぁ…時間ぎりぎりでもパンフ買って良かったぁ。
写真素敵過ぎる。
表紙だけかと思ったら中も撮って下さってたのか。
う~ん。写真買えば良かったwww


で、往復の車中でNアル聴こうと思ったのに、積むの忘れてたw
往復ともジャニーズWESTのライブ映像でしたわw
姉の趣味ですwはい。
えーいっ!
ホタルと陽炎とプラグイン聴きたかったー!
残念過ぎるwww
予習も余韻も全くない広島行でした~。
でも楽しかったよ(*´∀`)

 

ANOTHERのDarknessが好き

ジャニーズ

Darkness。
これって何だっけ?
初めて見たのは少クラin大阪だっけ?西畑大吾が歌ってた。
えらい舞台っぽいなぁ〜と思った記憶が。

で、どうやらやっぱ舞台の楽曲らしいと知る。
ANOTHERだっけ?


西畑が好きなのもあるけど、この楽曲好きだな〜と思った。
何かで読んだんだが、
「少クラでの西畑はセンターも多く 、関西ジャニーズJrのセンターという役割が板についてきていた」
みたいな(笑)
以前関ジュのセンターだった重岡大毅とも雰囲気が似てるみたいな記事。
確かに似てるw


産経夕刊の関ジュ連載で、
「紫耀と廉が抜けて自分が関ジュのセンターというポジションに違和感があった」
と、西畑。
そうか。なにキンでもメインは平野紫耀と永瀬廉だったんだろうな〜。
あの2人が今も関ジュに居れば、西畑がセンターは無いだろう。

でも今は西畑がセンターだ。


さて戻ってDarkness。
あれ?大吾踊れるのか?
意外と上手い。
あ、そうか。そういやSHOCK出てたな。見たわ(笑)
でもSHOCKは光一メインで追うから他の出演者はほぼほぼ見てないw

 

帝劇の岸優太の代わりに、梅芸では大吾。
光一曰く、
「梅芸でのメンバーを探していた時、ダンスは岸と比べなくてもいいから雰囲気がいい子をと頼んだ」
と。
確か岸を選んだ時は、
ダンスはいいから透明感のある子を」
と言ってたような。
両方似たようなことを言ってるw

岸は何回か一緒に舞台立ってダンスできる子だと判ったんだろう。その上での人選で、ダンスは岸程できなくてもいいから雰囲気重視でと光一。
岸ってダンス上手いのか?きっと一生懸命なんだろうな。いくら光一からダンスはいいと言われても初期の内レベルはなぁ(笑)
だからいつもダンスはそこそこできる面子を選んでいる。
きっと関ジュの中じゃ大吾もできる方ではあるんだろう。
梅芸の前から一人稽古を関西でしてて、合流してぽんと舞台立った大吾。
ちゃんと仕上げてきてたらしいが。

全く違和感なく見たから、ちゃんと出来てたんだろう。すまん。記憶めっちゃおぼろげw
一緒に見た姉が、殺陣頑張ってたと言ってた。


あのSHOCK出てたんだから、群舞もあるし、プロのダンサーさんのクオリティに合わせて見劣りしない程度には揃えて踊れたんだろう。
岸より2歳下で入所も2年遅い。2011年だ。ちなみに廉も2011年入所で紫耀は12年だ。


少クラのDarkness。
結構振りは細かい。ちゃんと音取ってる。
関ジュ率いてのダンスが好き。
あのアイドルっぽい定番の表情や手の振りはどうなんだ?とは思うが。アイドルだから仕方ないかw
関ジュとの振付が綺麗に揃ってたから、舞台から引っ張ってきたんだろな〜と見てた。


で昨日たまたま中山優馬見てて。
ありゃ?優馬もDarkness踊ってるじゃんw
同じ舞台だったのか?
検索かけて、2013年の東京でのANOTHERに優馬が出てて、2016年の松竹座のANOTHERに大吾出てたの知るw
役柄は一緒だ。2013年のは関ジュも出てて、今のWESTの何人かとキンカンも出てる。

 

そっか〜。
昔つよっさんのやった役って、この途中死んじゃう役なんだね〜。ちなみにこの時は紫耀がやってた。少年の頃のつよっさんは香取慎吾に抱かれたらしいが、紫耀は皆に抱えられてたらしいwそりゃ一人で紫耀抱き上げるのは重いw

 

あ、ちゃうわw優馬と大吾だ(笑)
大吾の役は、以前優馬がやった役らしいが多分演出や振りはちょい違ったんだろうな。
Darknessも振り違うし、バックのダンスも全然違う。
優馬はプレゾン出てたからダンスはできるんだろうな。
Darknessの振付は優馬バージョンの方が歌詞に則してるが、バックのダンスは大吾バージョンが好き。ラップも関ジュの方が綺麗。
大吾の方が優馬より振付がちゃんとある。
歌は…優馬の方がインパクトありそう。声質かな?大吾も下手じゃないけど優馬より声量がない。
表情はさすがに上手いけど。

 

優馬はなんのかんのいいながら、ずっと推されてメインでやってきた人間。
大吾は紫耀廉いたらきっとセンターには来なかった子。
それでも…やるしかないと頑張ってる。

”場所が人を作る”ということは確かにあるだろう。
ジャニーズWESTのデビュー前と比べたら、そりゃ今の関ジュの勢いは弱い。
その頃と比べて危機感を持っているのも尤もだろう。
せめてユニットあればな〜。まとめて関ジュだとな〜。
仕方なく、ぽろぽろと大吾や文ちゃんや丈の舞台観に行ってる。なら松竹座行けよwなんだがwww


目指せドリームステージのDVDも買ったよ。文ちゃん目当てで(笑)
メイキングは前作2作品の方が面白いな〜。
やっぱこの面子は弱いのか?
でもそれでも梅芸のジャニフワは頑張ってたらしいが。
大吾は関ジュのセンターとしてはちょい引き気味という感想見た。
う〜ん。そりゃ博多座から参加してた康二達の方がちゃんと役がついてるだろう。
でもって関ジュは松竹座と同じノリでやってるが、ジャニフワはジャニフワなんでその世界観をムリクリ松竹座のノリにしちゃうのはどうかと思うという感想もw
分からんこともないが、関ジュは関ジュで爪痕残そうと必死なんだろな〜。


東京Jrはユニットも沢山出来て勢いある。一方関ジュはユニットもほぼ無く(funky8ぐらい?)。
ジャニフワでジャニーさんが梅芸頻繁に来てくれたら、ユニットできるかな?とも思ったが。
単純に、今関西にオキニが居ないんだろうな〜(笑)
あと5年頑張ればそのうち何とかなるかな?ぎりぎり康二は行けるかな?
どうかそれまでに期待の新人が入って来ますように。切実だw


Darknessから全くズレた話になったが。
関ジュ頑張れー!\(^o^)/という文章でしたwww

 

最後に。

優馬のDarknessと、

 

youtu.be

 

大吾のDarkness。

 

youtu.be

 

 

 

 

 

KinKiツアー 10/13@城ホのレポ読んで

KinKi

KinKi Kids 10/13城ホのレポ読んでの感想です。

ちょっと書きたくなったので書いてみる。

 

そうか、昨日のジャニフワでのJrマンションの光一氏って…。

Jrが1人骨折した為マンションが一部屋空いた。バランス取る為反対側も空室に。

で、光一氏。 自分が骨折した子の代わりに出れば、反対側の空室にする予定だった部屋の子が出演できるからと、Jrマンションに。

光一氏「貢献できた!」って。

うわ…。らしいな〜。

以前ジャニワのJrマンション乱入した時も、光一氏が入った部屋の子が出番なくなったからと、あとから舞台出て喋ってる時にわざわざ舞台に呼んであげてた。

いつもセンター立ってる人なのにそういうとこに気遣いできる人ってのが(*´∀`)

 

もう一つ。

城ホの外周かな?

トロッコ乗ったらしいが、すれ違いができないから乗り換えたのかな。

そこで観客からもみくちゃになったらしい。

KinKiのファンて大人しそうなイメージあったけど、そういうことあるんだね。びっくりだ。

 

更にもう一つ。

ソロ推しのファンも入ってるらしいが、一方のソロの時結構トイレ休憩行くらしいw

へ〜。ずっとソロコーナーなかったから見慣れない風景だ。

Jrも付いてないから、誰かが歌ってたりした時に席を空けるということ自体がな。

 

あとは…。

最後コールからアンコないと分かって拍手になったらしい。

拍手ってのがいいね。

ありがとうが伝わった気がする。

でもコール始まってもう結構空席だったらしい。 そりゃ帰りの便もあるだろうしね。

でもありがとうの気持ちって拍手ぐらいでしか伝えられない。

ステージ観て満足したからさっさと帰る?

いや人それぞれだからさ。

そこはもう何とも言えないけど。

アンコールを要求するというより、今日はありがとうの気持ちを伝える為の拍手…かな。自分の気持ち的には。

そういうつもりでいつも拍手している。

 

あ、おまけ。

光一氏netでチケが20万で売ってるのを見たらしいw

アリーナってそうなっちゃうのかな。

昨日だっけ。クローズアップ現代でやってたの。残念ながら見てないけどチケキャン出てたらしいね。mixiとか堂々とチケキャンの宣伝してる。さすがmixiだwww

がっつり機械の顔認証システムと、チケキャンセルとリセールの公式の場所があれば、転売も減るんじゃないだろか。あと紙チケやめるとかさ。

事務所も儲かってるんだろうから、そっちにももうちょい経費回してくれいw

頑なにnet拒否でアナログなジャニーズ事務所嫌いじゃないんだけどな^_^;

 

と、こんなとこか。

レポ読んで楽しそうなふたりの雰囲気伝わった。

体調に気をつけて最後まで楽しんで下さい。

『レンタル救世主』1回目

ジャニーズWEST

『レンタル救世主』見た。

さて。

視聴率はどれ位だろう。

 

う〜ん。

これって普段は22:30から?

いわゆる深夜ドラマだよね?

23時台ではないからそこまで深夜枠ではないのか?

てっきり深夜枠かと思ってたから

初回22時ての見て、

「あれ?」

てっきり33分探偵的な枠のドラマかと思ってぞw

21時台のドラマとかと同類として見ればいいのか?

どっちのカテゴリーで見るかによって結構違う気がするw

 

深夜枠ならそれなりにで、そんなもんだろうってクオリティ。

でも深夜枠でないなら…ちと辛いぞw

 

まず全員テンション高すぎる。

コメディだからテンションageageで作ればいいってか?

そりゃ違うだろ。

なんかね。チグハグだった。

上手く噛み合ってないというか。

深夜枠ならあのテンションで突っ走るのもそりゃアリだろうが。

結構チープになっちゃう気がする。

どうなんだろう。

 

でもそれってさ。

役者が悪い訳じゃなく、脚本と演出だよね。

役者はそれを演じているだけだ。

つうか最後は監督なんだろうが。

 

 

で、うちの姉妹の感想。

登場人物に感情移入できない。これは背景が分からないからかも。次回以降に期待。

カメラワーク面白い。

藤井流星良かった。BGMも違和感なし。

志田のラップは痛いw

 

 

そっか〜(笑)

私ラップ結構良かったけど。志田すげぇと素直に感動した。

流星アクション頑張ってた。

でもキャラ設定がw

スポットライト症候群てなんやねん。

いやリアリティを求めちゃいけないんだろうが。こういうドラマはw

でもさ。なんか上滑りというか。

誰か押さえのキャラがいるんちゃんか?

皆同じテンションで、主人公ふわふわで周囲も更にふわふわw

なんかさ。演技が舞台っぽいというか。

先だって大杉漣さんの初の舞台作品の『だいこん役者』観たけど、そんな感じ。

流星も声張ってるしw

 

あ、いやw

ジャニーズWESTのメンバーの役者仕事って、なんか結構似たようなキャラじゃね?

声張って、明るくて、ちょいおちゃらけっぽくて。

関西人のイメージなのかな?

なんとなぁくそんなイメージ。

シゲは『ごめんね青春』以外はそうでもないけど。

 

 

しっかし流星うるさいなw

でもって所長もうるさいw

でもって台詞とっちらかってるw

 

と文句ばっか言っても仕方ないw

流星安定のイケメン。

なんちゃらってメキシコのプロレス頑張ってる。

流星って沢村、志田の次?にしては出番多いしオイシイ。

演技下手じゃない。一応緩急付けている。コメディって演技力分かりづらいw

 

 

そういや流星声がイマイチって言ってる人いたけど。

メンバーの誰かに、シゲと流星、

『声変わりに失敗した2人』

と書かれていたw

 

 

姉「初回視聴率どれくらいだと思う?」

「6,7%?」

姉「いやw初回が高くて下がっていく傾向だから

、初回もうちょい高くないとw」

「10%ぐらい?」

姉「それだけあれば御の字だけど」

う〜ん、どうだろな〜。

志田のラップで次回見ると言ってる人いた。

うちはきっと流星目当てに最後まで見るけど。

『ノンママ』も濵ちゃん目当てに最後まで

見たw

 

流星頑張れー!

 





【追記】

 第1話 平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)


おおw二桁いったwww

『溺れるナイフ』菅田将暉、重岡大毅対談

溺れるナイフ』の対談出てたね。
公開対談だったのか?3誌内容が共通部分ありw
日本映画だっけ?テキスト的にはそれが一番好き。
特に監督さんのテキストが。


監督って、ほんと繊細そうな女子だよね(笑)
地方都市で育った女子にとって少女漫画が非常に強力なエンターテインメントのコンテンツだということは同意。なる程な〜と思った。

重岡大毅のファンから、
「この映画を撮った後からシゲが非常に男っぽくなった。何があったのか映画を見るのが楽しみです」
と言われたと。
そういやそうかも。
でも男っぽいのは体格のせいかと思ってたわw今じゃ整体師だもんな〜(笑)
私あの10代のシゲって好きだったから、今のオッサンに口あんぐりなんだけどwいや好きだよ勿論。でもちょい寂寥感があるというか。過ぎ去った少年のシゲへの愛惜というか(笑)
で、監督のコメント読んで、おおっと思った。ざっと主旨を。


重岡大毅に関しては、アイドルをどう撮るかを考えた。アイドルとは仮面を被って、被ることによって成長していくと思う。
でも女の子が見たいのは、その仮面を被っていない顔だと思う。ふっと外れる時。だからその視点で撮った。
ファンの方が、男っぽくなったと言っていたが、彼の少年としての最後の姿を映画で見て欲しい。
ーーーみたいなコメント。


重岡大毅は当時22歳。
なのに地元のエキストラの14歳中学生達と違和感なく普通に中学生役として混じって、更にそこで1番取ってたシゲ。
菅田将暉は、現場でエキストラを盛り上げて場作りしてくれたシゲが非常に有難かったと。
シゲは、22歳の経験と頭で14歳になって中学生に混ざるのをやってみたかった、楽しかったと。22歳の人生経験そのまんまで中学生。で、実際の中学生に遠慮せずそこで一番取っちゃうシゲってのが、らし過ぎて笑えた。


でもシゲって7色シゲだしな〜(笑)普通に見たまんまじゃないんだろう。淳太も「ファンに見せてるシゲと全然違う」と言ってた。「シゲは分からん」と。
きっとアイドルをオフってるシゲって存在はまた違うんだろう。全部が全部じゃないだろうが。


菅田将暉が、
「自由にやっているように見えてちゃんと意図があるのが分かる」
みたいなこと言っていた。
多分一見自由にナチュラルに見えるが、そこの演技にはちゃんとどこを狙っているのかの意図があるんだろうなというのが分かるってことだろう。
「上から目線みたいで申し訳ないが」と言いつつ。
それ聞いて、ちょっと驚きつつ嬉しそうなシゲ。
同年代の役者一本でやってる彼からそんな風な言葉を貰って嬉しかったんだろう。

普段は違う場所にいるから映画の現場が楽しかったと。
もっとやらないの?と訊かれ、やりたいと。
やって欲しいな。シゲの役者仕事好きだ。

 

ロケ場所は和歌山。
菅田将暉とは出身も近いと言ってたが、シゲの出身が大阪府になってたw確かに生まれは大阪府だがほぼほぼ兵庫県だろw
親友の役だからと、菅田将暉が自分の撮影前に差し入れもって現場を訪ねて、シゲと会ったらしい。
菅田将暉「でも最初から(距離感が)近かったw」
シゲが距離感縮めて近くに来るらしい。
菅田「シゲちゃんはめっちゃ関西。アイドルなのに今時こんなに関西な人がいるとは」
シゲ「俺コテコテの関西やし(笑)菅田ちゃん関西に飢えとったんちゃう?」
菅田「そうかも(笑)」


菅田とシゲの撮影の仕方は随分違ったらしい。
菅田が余り現場での変更は無かったと言うと、シゲはちょっと意外そうな感じ。
シゲと小松菜奈の現場は相当変更の嵐。
短い台詞でも10回以上変更があったと。
監督「重岡大毅さんと小松菜奈さんは現場での瞬発力のエネルギーがある。いきなり映画の現場に放り込まれたからそうならざるを得なかったのかもしれないが。だから生を大事にしたかった。変更を繰り返し、そこに生まれる生の感覚が欲しかった」
変更に次ぐ変更だから緊張感もあったと。
菅田「カラオケのシーンいいよね。きっとこの後大友は泣いてるんだろうな、とか」
シゲ「あそこはAメロBメロサビいって、え…2番も?!と思いつつ歌った」
菅田「(シゲの演技は)間がいい。声がいい」
シゲ「普段歌う時は歌の世界観に入って歌うけど、ここでは彼女の為だけに歌うから、いつもの歌い方は違うと。どうやって歌おうかと」
長回しで、その間がリアルだったらしい。

監督「撮影を止めませんのでやり続けて下さい」
と言ってたそうだ。
「何があっても言う通りに。きっと違う重岡大毅さんが見えるから」
それに対して、終わったら何が得られるのか楽しみだ、頑張ると返したシゲ。
監督はぎりぎりまで攻めようとし、シゲは一生懸命それに返したんだろう。
ナチュラルな重岡大毅のアイドルの仮面が外れたその瞬間と少年時代の最後の一瞬を切り取ろうとした監督。
ナチュラルな間やナチュラルな戸惑い。
シゲ「それまでの友人関係から好きになる瞬間とキス。それを表現するのが難しかった。キスは何回もしたけど、そういう状況を何回も繰り返すことは現実ではないから幸せかも。でも難しいなと。で、大友もきっと難しいなと思うだろうからそれでいいかなと」
大友は、「自分の中にあったからそれを引き出すだけで良かった」とシゲ。
うわ…シゲなんかめっちゃ役者やん。
やっぱ役者仕事頑張って欲しいな。

監督が以前「アイドルだからカッコいい顔もできるんだろうけど、重岡大毅さんの普段の笑ってる顔を見て『大友がいる!』と思った」と。それでシゲに決めたらしい。
「いつもはアイドルでオシャレでカッコいいんでしょうが、田舎の男の子やってもらいました」

 

菅田「原作読んだらファンタジーっぽい2次元か2,5次元の映像作品になるかと思ったけど、予想外に3次元でギラギラしてて昔の青春映画みたいなエネルギッシュな感じだった」
監督は菅田将暉ではなくコウとして現場で接していたから、視線も合わさず伏し目がちでひっそり指示を出して変更もたまに紙片を渡すぐらい。
一方シゲには「俺にはがっつり視線合わせてきたで?」
菅田「それはシゲちゃんが大友だからだろ」
なる程(笑)大友はそういう人間だろう。
そして大友を撮ることで、アイドルの仮面を被ってない重岡大毅を切り撮った。
青春映画。
そこに切り取られる少女達と少年達の季節。時間。
あの時の、重岡大毅


うわー!
めっちゃ観たい!!!
楽しみだ。

 

重岡大毅
お茶目でおちゃらける時もあるし、めっちゃ真面目な時も。
たまに楽屋で人を刺してきたような目をしてることもあるらしい(笑)
ステージ上では、今出せるものを出し切る。今の自分を出し切ることが次に繋がると信じて。


菅田「シゲちゃんのあの生でのエンターテインメント性は、普段生のステージをしているからだろうな。以前コミカルな舞台やってるの見たことある」
何見たんだ?菅田将暉
「シゲちゃんはロマンチスト。これからのグループの夢ややりたいことなりたいことを語ってた。今そんな夢を語れるなんて」
そう。でも彼は現実も知っている。だからこそそれは単なる夢ではない。
そこに至る困難さも知っている。だからこそ、只の夢ではなく、語る。本気で手に入れようとして。メンバー達と。


どのシーンが好き?と訊かれ、
菅田「お祭りの時二人でしゃがみ込んでるシーン。楽しかった。あそこ唯一普通の高校生の男の子っぽかった」
シゲ「楽しかったな。あと山を駆け下りるシーンも」
菅田「あそこ暗くて足元見えないし山だし足袋なのにシゲちゃん下りるの速くて体幹しっかりしてるな〜と思った」
さすがシゲ(笑)

菅田「俺たち(菅田将暉小松菜奈)のシーンがひりひりした感覚のシーンばかりなので、シゲちゃんのシーンが明るくてほっとする」
シゲが菅田達のシーンを大変そうと言ったことに対して。
逆に明るいシーンは大変じゃない?と訊かれる。
「そっちほどじゃない」
と。
でも間とかそんな話がちらっと出てた。


やっぱ間合いとか?
中居正広が以前ジャニーズは何故演技ができるのか?という問に、
ダンスをするからリズム感があるんだろうと思う」
と。
でもって結構Jrの頃から生のステージに立つ。臨機応変の四文字が座右の銘だ(笑)
そういうのがきっと今に活きてるんだろうなぁ。
でも2010年の「少年たち」から既にシゲはナチュラルな演技だったよな。上手かった。


少しでも多くの人が映画館で観てくれるといいなぁ。
映像も印象的だと。


シゲが、『溺れるナイフ』という題名も印象的だし、海中での二人(菅田将暉小松菜奈)のシーンが、本当に溺れるナイフのようだったと。
菅田「本当に溺れかけた(笑)」


原作も読んだけど、監督ならではの感性で切り撮られた作品楽しみだ。
あ、シゲは原作を電子書籍でゲットし一気に読んだそうです。シゲと電子書籍ってのが意外性があったが、紙媒体はかさばるからってのは合理的でシゲっぽいwコミック17巻あるからな〜w

 

あ……ジャニーズWESTで「てにをは」苦手なメンバーって誰だ?ひょっとしてシゲ?とも思ったがwなにわぶ誌www
やっぱ7色シゲちゃんwww

 

 

f:id:shin51244:20160915161351p:plain

 

f:id:shin51244:20160915163248p:plain

 

 

 

f:id:shin51244:20160915161542j:plain

www

 

PARTY MANIACS @少クラ20160907

ジャニーズ

うちの姉が昔ヲタ卒する前に、内博貴から関ジュに降りてたのは知ってた。

今は小瀧望大好きなので、以前もその辺なんだろうと思ってた。昔の$誌引っ張り出して、今のジャニーズWESTのメンバーの記事を二人で見る。

「そういや前にも降りて『雑誌捨ててなくて良かったわ〜』って言ってなかった?」

姉「いや。だって私降りたのシゲの時1回だけだもん」

え………シゲ……?

あーた重岡大毅に降りてたんですかwww

そういや『少年たち』のシゲの話当時してたわwww

いや〜びっくりしたw

今じゃ小瀧にメロメロだw

 

で。

姉がよく、

「ここの小瀧のステップがーーー」

「ここの小瀧のパートがーーー」

「ここの小瀧の仕草がーーー」

とか言う。

 DVD映像とか見てて。

 

私は皆好きなんだけど、どうも漫然と見てるらしく姉程細かく見れてない。

何故じゃw

で、はたと気付いた。

そうか。誰かを決めて見ればいいんだ。

で、とりあえずシゲで見ようと思う。

しかしw

あかんw

すぐどこ行ったか分からなくなるwww

えーん。シゲどこだ(笑)

 

でもってCDを姉妹と一緒に聴いてても、

「これ誰?」

姉「淳太やろ」

「シゲかとw」

妹「映像観て答え合わせしろぃw」

はははw面目ないw

 

 

結局よく分からないままに過ぎていく。

反射神経か動体視力か。ついて行けないw

くそー!

でもって一生懸命見たんだけどw

 

シゲの背中が好きです。

おっさんみたいな仕草が好きです。

時々こわーい顔してるのが好きです。

youtu.be

 

ぐらいしか(笑)

 

ま、いっかw

 

 

とりあえずシゲは淳太にうざ絡みしてるのが好き。

本気でうっとおしがられても行っちゃうとことか。

神ちゃんに、

「俺にはしない。シゲは淳太に構われたいんやw」

と言われたりするシゲが好きです。

でもってオフると照史と同じく、

淳太「二人とも人刺しそうな目で睨んでるw」

なんて言われちゃうとことか。

笑ってるイメージだけど、そうでない時は『怒ってる?』と言われる。でも気にしても仕方ないしと言うシゲ。

でもって照史も似たようなこと言ってたな〜。

 

シゲのなにわぶ誌好きです。

めっちゃアホっぽいけど、じわるw

あの文章はなかなか書こうと思って出てこないような。

そして誕プレあげた淳太のぶ誌もシゲ可愛かったw

シゲ可愛いと淳太に言われてるとこが可愛い(笑)

 

 

あ、流星と小瀧の$誌の記事も可愛かった(*´∀`)

こっちは普通に可愛いです。

なんたってまだ20歳だもんな〜。

可愛い(笑)

 

思い出したように『なにわ侍』を観て

ジャニーズWEST

実は発売後すぐ買ったジャニーズWEST『なにわ侍』のDVDがずっと不調でw

途中2箇所で止まるんだな。これがw

で思い切って買い直した(笑)

 

改めて観たからか、ふと先日『なにわ侍』について書いてる文章が目に留まった。多分リリース頃書かれた文章。

めっちゃ考察入れてて、すげぇ(笑)
そっかぁ…でもさ…きっと本人達はそこまで思って作ってないのかもしれないw
いや、舞台と現実と役柄との対比や構造を非常にアカデミックに考察されてたんだけど。あくまでも後付けの考察かなと。


ジャニ舞台ってさ、基本は少年達の成長譚で、群像劇。なんたってヒロムの永遠のテーマはそこだろうから。
結構いきあたりばったりで、ストーリーの整合性よりエンターテインメント重視だしさwそこまで深く考えてないよ。きっと(笑)


でも、それでも。
観る人を惹き付ける。
きっとそこには、自分の好きなアイドルへの、少女達の憧憬やらなんやかんやが重ねられてるからだろう。
そういうのジャニ舞台は上手いなぁと思う。
まぁ…ヒロムの感覚がそこと同調できるんだろうな。80超えたおじいちゃんなのに。やっぱすげぇ。


で、なにわ侍についてなんか書こうと思ったんだが、余りに立派な考察読んで書く気が失せたんで、以下にふわっと書いた雑文をw
お目汚しすみませんwww

 

 


◐  ◑  ◐  ◑  ◐  ◑  ◐  ◑  ◐  ◑  ◐  ◑  ◐  ◑

 

「ね…次の日生劇場…4人が出る舞台なんだけど。神山…出る?」
そう電話の向こうでスタッフが問う。

 

 


先日照史君に訊かれた。
『神山は前列と後列に別れることになっても、7人で一緒にデビューがええ?』
即答した俺。
『嫌です。それなら俺はデビューせんでもええ』
『…せやんなぁ』
ちょっと困ったような、哀しげで切なそうな顔で頷く先輩の彼。
その後ろ姿を眺めつつーーー。


”なぜ彼は、そう問うたのか”
ーーーそう考える。


でも。
やっぱり嫌や。
今までずっと横並びでやってきたのに、自分達だけ後列扱いになるんは。
それぐらいならいっそ一緒にデビューできんでも、ええ。
俺は役者仕事で、ええ。
なんで今更後列ならなあかんねん。そんなデビュー要らんわ。

彼の問いに、そんな思いが一度に押し寄せて、考える間もなく即答してしまった俺。


と。
側に居たスタッフが、
『それ…ちょっと…』
やはり切なそうな表情で、俺に。
『え?』
『桐山君がどんな思いで、それを君に問うたか…』
『……』

 


そう。
聞いてはいた。
彼等4人が、なんとか7人でデビューできないかと動いているのは。


けど。
俺かてプライドはある。
他のメンバーと比べて随分早くに入所した俺。グループの中では先輩になるからと、ずっと厳しい顔も見せて皆を引っ張ってきた。
その俺が…後列?
なら一緒にデビューせんでもええ。
俺は、俺や。
一人でええ。
そこまでしてデビューしたない。


が、そこでスタッフに告げられる。
『4人はさ…ここで”7人で”と言うことで、自分達のデビュー自体が無くなるかもしれない…それでも…。

”7人で”と言い続けて、必死で動いている。自分達のデビューを賭けて。

”たとえ前列後列が出来たとしても、それでも7人でデビューを”と。
そりゃ4人だって、前列後列がいいと思ってる訳がない。ましてや自分達が前列になるのに。今までずっと横並びでデビュー目指して関ジュでやってきた仲間なのに。

心苦しいに決まっている。そんなこと桐山君だって言いたい訳がない。
でも…それでも君に、そう問うた。
その彼の思いを…考えてあげなよ』


それは普段からよく喋っていたスタッフさんだったから…。ずっと俺らの状況をじっと見守ってくれていたスタッフさんだったから…。
ずん、と胸に響く。
その、言葉。

 

 

せやねん。

ほんまはーーー。
俺は…自分が大事やった。

 

よく言われる。
”器用に何でもこなす神山”と。


でも。
俺…器用やない。
必死やねん。
器用に何でもこなすように見えるだけ。
ダンスかて、歌かて、演技かて。
必死で練習して、必死でやってる。
何もせずに才能だけできてる訳じゃない。
ほんまに死にものぐるいでやってきた。せやから…その努力が報われんのなら…今更お情けで後列なんて嫌や。惨めなだけや。
俺かてプライドと矜持はある。


そうーーー思ってた。
そう。
一生懸命やってきた自分。これ以上傷付けられるんがーーー嫌やった。

いくら努力しても報われんことがあるのなら…もうそれは仕方がない。俺はそういう人間なんやろ。それでもと、もがくんは…余りにもしんど過ぎる。

やって。

あれだけ死にものぐるいでやってきたんやから…。

 


けど。
今までずっと追い続けて、やっと掴んだその大事なデビューを賭けてまで…。
そうまでして”7人でのデビューを”と事務所を説得してくれている照史君達。
前列後列ということは、自分達の後ろに俺らに付けと言っているようなもんや。今まで一緒にやってきた俺らに。

そんな例は実際東京でのデビュー組にいてるから、それでデビューしたらどうなるかは言われんでも分かる。今まで分け隔てのないメンバーやったのが、立ち位置も衣装も歌割りも…総てが変わる。格差が付く。
でもグループの認知度を上げる為の戦略ならばと、それを受け入れて活動しているグループが、実際に居る。
せやから、分かる。見える。その姿は。

 

敢えてそれをしても、7人でデビューをと。そう思い、口に出して俺に問うた照史君。
…どんな思いだっただろう。
自分の言っていることが、選ばれなかった俺ら3人にとってはどれだけ酷なことかは十分承知しつつ、それでも口に出して問うてきた彼。できればそんな事は訊ねたくなかっただろう。
それを言われた相手がどんな思いになるかを、人一倍心の柔らかい彼なら…十二分に分かっているだろうから。


それでも。
彼は問うてきた。

何故なら。
デビューしたいと思ったから。
ーーーこの7人で。

だからこそ。
問うてきた。

 

『…分かるだろ?彼の思い…』
さっきの哀しそうな彼の瞳の色。

俺の思いも十分分かっている。
ーーー『…せやんなぁ』
だからーーー彼は、それ以上は言わなかった。
きっと言いたいことはあっただろう。
でも、重ねては言わない彼。
どんな思いでその言葉を口に出したかは、自分からは言わない。


見かねたスタッフさんが、言葉を足してくれた。
固まった背中を見せていた俺に。
堅く握り締めた指を解けなかった俺に。

 

『照史君…』

 

追いかける。
その後ろ姿を。
『照史君ーーー!』
呼び掛けた俺に、驚いた顔で振り返る彼。
俺を見て…何を感じたのか…泣きそうな笑顔を見せる。
ーーーきっとそれは。
俺の表情の写しだったに違いない。
『照史君…俺…』
頭に、彼の手がそっと伸びてくる。
優しいその感触に、
『俺、後列なってもええ…7人がええ…!』
切羽詰まったぎりぎりの声音でぶつける。

 

くしゃっと乱暴に頭を抱き込まれた。
それはきっと。
互いの涙を隠してはいたが。
きっとお互い見えていた。
ーーー互いの潤んだ瞳とその表情は。

 

 


だから。
「ね…次の日生劇場…4人が出る舞台なんだけど。神山…出る?」
と、スタッフに問われて。
迷いはなかった。
デビューできるかどうかなんて分からない。
あの後どういう結論になったのか、はたまたまだ結論は出ていないのか…。


でも、ええねん。
そうやって必死で動いてくれた4人と、同じ思いやと分かったから…。

たとえデビューはできなくても。

そして、デビューする4人と同じ舞台でも。

俺は、立つ。そこに。…皆と。
「はい。出ます。行きます」
そう告げる。

 


そこから先は…皆の知ってる通りや。
でも…嬉しかったな。
舞台の粗筋を知って。
デビューする4人に、3人が新たに加わるストーリー。
そう聞かされて顔を見合わせた俺ら。


じわり、と。
湧き上がる思い。


…イケる…んか?

イケた…んか?!

 

思わず見返したスタッフの表情に、確信する。
やった!!!
俺らーーー7人や!!!

 


現実とは違う舞台の世界で。
俺らは、現実をなぞる。
その感情を。
どこまでが舞台で、どこまでが現実か。

舞台は舞台やねん。
俺らが伝えるんは舞台の世界観やねん。
でも…そこに込められたリアルな思い。
きっとこれは…今の俺らにしか演じることができない舞台。


観てくれる人が…皆笑顔になってくれるとええなぁ。
そんな芝居がしたい。
そんな舞台にしたい。

 

皆で。
7人で。

 

俺らで!


『俺達、ジャニーズWEST!』